Service


スパイカの理念
店舗事業の構築にあたり、その時点で最も適正なご支援する、それが私達の最大のミッションです。

 

店舗開業や空きビル等の業態転換における悩み

店舗開業において最も投資が掛かるのは建築・内装・設備工事費用です。

投資回収期間を短縮するためには、1円でも安くしたい、とは投資をする側の切なる願いですが、過度な値切り交渉は下請法に抵触したり

、工事金額を下げるために、再度設計を見直すことで余計な空家賃が掛かったり、と準備不測による問題が発生します。

 

快適かつ適切な運営を行うためには必要な内装設備工事ですが、投資金額が高くなるほどご担当者の悩みは尽きません。

この見積りは適切な金額だろうか?入札をした方が下がるのだろうか?そもそも建築・内装・設備の入札を行うために必要な手順は?

 

私達はプロとして培った3つの知見を元に、多店舗化のための出店プロジェクト、空きビル業態転換プロジェクトにおいて、クライアント様に寄り添い、プロジェクト遂行のために最も適切なアドバイスご提案をさせて頂き、クライアント様と一緒に開業までの道のりを歩みます。

 

繁盛店の理由には大きく3つの要素がある:多店舗展開時の肝

① 立地(出店条件)② サービス(接客)③ 商品(メニュー)

この3大要素を組合わせて店舗運営して行きますが、名物店長が辞めると売上が落ちる、客層が変わる、といった現象が起こります。

また、ABC分析を元にメニューを入れ替えても、売上が思ったよりも伸びない、など店舗運営には不測の要素が現れます。

そのため『店舗は生き物』である、と弊社では考えます。

 

生き物である店舗に対して、繁盛店3大要素の中で、店舗開業前に決定し開業後変更が効かないのは①立地(開業条件)です。

注)上記の①立地(開業条件):開業条件には開業前に行う全ての準備作業を指します。

               

そのため、①立地(開業条件)において、全体スケジュールの管理・事業計画書策定・立地選定(商圏)・契約条件(経済条件アドバイス含)・ゾーニング含めた設計監修・内装工事監修(入札の場合は手配を含む)・厨房機器選定 / 調整・運営策定(店舗DX含)・予実管理(重回帰分析含) 等において、最適なご提案と業務遂行を致します。

 

空きビル転換時の注意点

1981年の耐震基準改正以降に建てられたビルであっても、キューピクル容量や天井高など問題で制約が生まれることがあります。クライアント様のご要望・物件の状況に応じて、PM・CM(コンストラクションマネージャー)の立場から、リスクのご提案を含めたアドバイス等をさせて頂き、業態転換へのスケジューリング・事業計画書策定・設計監修・内装・設備工事監修のプロジェクト管理をさせて頂きます。

 

プロジェクト構築・遂行の流れ

①内装・建築・設備知見 × ②店舗開発知見 × ③教育(研修)3つの軸から、ご提案します。

事業計画書策定、出店戦略から物件調査、設計・内装工事監修・運営設計までを、クライアント様の状況に合わせご提案させて頂きます。

事業計画上の数値と投資回収の予測を考慮しながら、店舗にご来店頂くお客様の記憶に残る店舗として運営し成長するお手伝いをします。

注)弊社は、CM(コンストラクションマネジメント)を強みとしています。

  CM業務の中で全体のスケジュール管理、内装工事の最適化を行いますが、内装工事費の最適化とは、工事見積りの元になる図面に

  対する費用の最適化であり、コンビニの内装工事費予算で大理石等を使用した内装工事を行うことではありません。

 

目指すのは、店舗に係るすべてのステークホルダーを幸せ導くお手伝いをすることが私共スパイカの目的(願い)です。

 

店舗開発のお仕事について業務別に note にコラムを記載しています。

 


新規店舗事業構築及び多店舗化、空間事業支援として以下の事業領域を支援しております。

 

【プロジェクト管理業務】

1:店舗事業構築のために必要な出店戦略~運営設計までの一貫したPJ管理業務。

 

【出店業務における以下の事業領域】

1:業態別出店立地・物件選定及び経済条件交渉業務(デベロッパー物件含む)

2:出店企画書・事業計画書策定・業態開発に伴う事業軸の策定業務

 (MD / VMD 含む)。

3:設計監修・内装工事監修(入札手配含む)

4:商品・サービスメニュー策定 (外食・美容)、備品調達支援業務

5:運営設計・管理支援 (本部・現場の組織構築及び店長教育含む)

6:店舗事業再生

7:空きビル再生支援

8:企業様向け 店舗開発アウトソーシング業務

9:地域活性事業における店舗開業支援

 

【既存店立て直し】

1:本部と現場の見直しに共なう組織開発

2:店長教育

 

【定着促進】

1:外国籍従業員の定着分析

2:外国籍従業員の定着促進(組織社会化の促進)

3:店舗現場のチームビルディング

 

【海外出店向け支援】

1:海外の日本食レストランへの事業支援

2:東南アジア(マレーシア・ベトナム)への進出支援

 

【アドバイザリー】

1:新規店舗事業構築向けアドバイザリー

2:既存店舗(多店舗事業)向けアドバイザリー

3:サービス業向けソリューション構築のアドバイザリー

 

代表田上が 店舗開発のお仕事 についてnote コラムを連載中

 


業務フロー (出店プロデュースの一例)

お打合せ :  クライアント様と納得行くまでお打合せを重ね業務内容を決定

お見積り :  決定した業務内容によりお見積り作成

支払条件:  金額合意の上、支払条件決定

ご契約     :  業務開始前にご契約書の締結

交通費     :  首都圏でも移動を含め1日業務となる場合は交通費・宿泊費発生の場合は実費精算をお願いしております。

       出張業務応相談